矯正のゴムの種類について

 DT052_L.jpg

 

みなさんは歯の矯正でゴムを使用することをご存知ですか?

 

歯の矯正で使用するゴムは2種類あります。

 

 

1つ目は、通常の歯の矯正で装着する

ワイヤーの装置に取り付けるとても小さなゴムです。

 

この小さなゴムは、専用の接着材で歯に付けた

装置とワイヤーをしっかり固定する役割があります。

 

このゴムは目立ちにくいように透明のものが多いです。

 

しかし、気をつけなければならないことがあります。

 

それは、透明のゴムは色素の強い食べ物で

ゴム自体が染まってしまう恐れがあります。

 

ですから、カレーやコーヒーなどの色素の強い

食べ物・飲み物は控えめにする必要があります。

 

最近では、はじめから色の着いている

カラーゴムを使って装置をカラフルにし、

歯の矯正をファッションのようにして

楽しんでいる方もいらっしゃいます。

 

 

2つ目は顎間ゴムと言って、ワイヤーの装置が

ついている上の歯と下の歯にゴムを引っ掛け、

歯の矯正をスムーズに行なうというものです。

 

この顎間ゴムは、上下の歯をゴムで固定しているため、

喋りにくいという難点があります。

 

しかし、顎間ゴムを怠ってしまうと、きちんと歯が移動せず、

結果的にきれいな歯並びにならない可能性が出てきます。

 

専門医の指示に従って正しく使用する必要があります。

 

 

当院では、そのような歯の矯正装置についても

細かくご説明いたします。

 

カラーゴムについても興味がある方はぜひお尋ねくださいね。

 


 



こんな質問が一緒にチェックされています。