矯正の後はリテーナーで後戻り防止

DG093_L.jpg

 

みなさんは歯の矯正と言われたら

どのような器具を思い浮かべますか?

 

ほとんどの人が歯に装着している

ボタンのようなものとワイヤーを

思い浮かべると思います。

 

その装置はマルチブラケットという

装置と呼ばれているのですが、

 

もちろん歯の矯正において

マルチブラケット装置が基本の装置になります。

 

しかし、歯の矯正はマルチブラケット装置の

治療だけでは終わりません。

 

実は歯の矯正が終わって、綺麗な歯並びになっても、

保定装置という装置をつけなければならないのです。

 

この保定装置は一般的にリテーナーと呼ばれています。

 

 

マルチブラケット装置は、

歯や顎を動かすための装置ですが、

リテーナーは、移動した歯が元の位置に戻ろうとする

後戻りを防止するために使用する、

歯を動かさないための装置です。

 

歯の矯正が終わってからの1年間は、

非常に歯が後戻りしやすい状態になっています。

 

そのため、1年間、歯を磨く時以外は

リテーナーをしっかり歯に装着しなければなりません。

 

リテーナーを着けはじめて1年ほどで、

歯の位置が落ち着いてくるので、

定期的な観察をしながら、徐々に、

リテーナーを外す時間を増やしていきます。

 

しかし、リテーナーが必要な期間は、

個人差はありますが、マルチブラケット装置をつけた

期間と同じくらい、2年~3年といわれています。

 

 

また、リテーナーを外したあとでも、

歯並びが後戻りするケースがあるので、

綺麗な歯並びを保つために、

リテーナーをより長い期間装着する場合もあります。

 

歯の矯正においてマルチブラケット装置も

リテーナーも長期に渡ってしまいます。

 

歯の矯正が終わったからと言って、

リテーナーをサボりがちになってしまうと

せっかく綺麗になった歯並びも

台無しになってしまうのです。

 

そうならないためにも、専門医の指示に従って、

定期的な通院をする事が大切です。

 

 


 



こんな質問が一緒にチェックされています。