歯並びが悪いとは?

AP002_L.jpg

 

みなさんは悪い歯並びというと、

どのような口元をイメージしますか?

 

ただ単に歯並びが悪いと言っても、

悪い咬み合わせには様々な種類があります。

 

典型的な悪い歯並びのパターンにはいつくかあります。

 

いくつか紹介していきましょう。

 

 

まず、みなさんもよく耳にする『出っ歯』です。

 

この歯並びは上の前歯が下の前歯に比べて、

前に出てきてしまっている状態です。

 

さらに、全体の歯並びが悪く、歯が互い違いに

ガタガタに並んでしまっている状態を『叢生』と言います。

 

これらは矯正歯科医院を訪れる

一番の理由になっている悪い歯並びです。

 

このように歯並びが悪いと歯ブラシが

すみずみまで行き渡らず、

汚れが溜まりやすくなってしまいます。

 

そのため、虫歯や歯周病になりやすくなってしまうのです。

 

他にも、奥歯を咬み合わせても、

上下の前歯が噛み合わず、

隙間が開いてしまう状態の『開咬』、

 

下あごが前に出ている『受け口・反対咬合』なども

歯並びが悪いという状態です。

 

これらは喋る時にうまく発音できないといった

問題が起きてしまいます。

 

 

歯並びが悪い状態は、口の中だけの問題ではなく、

精神面や生活面にも悪影響を及ぼします。

 

専門医の治療を受けて、

悪い歯並びを改善することが大切です。

 

当院でも全力でサポートいたします。

 

一緒にきれいな歯並びを目指しましょう。

 

 

当医院では無料で矯正相談を行っています。

 

矯正相談では

歯並びが悪い患者さんの

多くがが気にしている

矯正の期間や料金など

わかりやすく、ご説明します。

 

歯科矯正の装置にも種類があります。

 

歯の表側に付ける装置

歯の裏側に付ける装置

取り外しの出来る透明のマウスピース

出っ歯が気になる人向けのセラミック矯正

 

当医院では以上の4種類の装置で

治療を行っています。

 

悪い歯並びの状態によって

使用できる装置がかわってきます。

 

歯並びが悪くて悩んでいる方は

ぜひ一度、当医院の、矯正相談にいらしてください。

 

 



こんな質問が一緒にチェックされています。