綺麗な歯並びの条件

da-320043.jpg 

 

綺麗な歯並びの条件についてお話します。

 

1、 歯がデコボコに生えていないこと。


歯が、重なっていたり、隙間が開いていたり、

傾いて生えていない状態のことです。

 

 

2、上下の歯の重なり具合が正しいこと。

 

「出っ歯」「受け口」のように、どちらか片方が突出していたり、

「開口」「過蓋咬合」のように前歯同士の噛みあわせが

合っていなかったりすると、綺麗な歯並びとは言えません。

 

上の歯が下の歯に数ミリ重なっている状態が、

良い状態の歯並びと言われています。

 

上下の歯の位置が揃っていることも大切です。

 

 

3、正中線がまっすぐであること。

 

上下の真ん中の前歯の間、唇の真ん中にある筋が

一直線上にある状態のことです。

 

これがずれている場合には、歯並びがずれていたり、

顎がずれていたりしています。

 

 

4、横顔のラインが美しいこと。

 

「Eライン(エステティックライン)」と言われる、

顔を横から見た時の鼻先と顎先を結んだラインが

整っているかどうかということです。

 

一番理想的なのは、Eラインを結んだ時に、

上唇がラインより少し後ろ、下唇がライン上にあることです。

 

これがずれている場合には、歯が突出していたり

後退していたり、顎が大きかったり小さかったりしています。

 

 

この条件が揃っていることが、「綺麗な歯並び」です。

 

綺麗な歯並びは、見た目が美しいだけでなく、

健康に噛むことができ、虫歯にもなりにくくなります。

 

 矯正治療をする際は、できる限りこの

綺麗な歯並びの状態に近い状態にします。

 

矯正装置で、歯の細かい移動も可能なので

綺麗な歯並びの状態にすることが出来ます。

 

矯正歯科医院では、綺麗な歯並びに関する

無料矯正相談も行っています。

 

矯正に関して気になることがある方は、 



こんな質問が一緒にチェックされています。