矯正で出っ歯を治したい

 

AG183_L.jpg

 

歯の矯正を始めようとする

きっかけのひとつに「出っ歯」があります。

 

出っ歯とは、上の前歯が前のほうに

突出している状態のことをいいます。

 

実は、この出っ歯にも二つの種類があるのです。

 

一つ目は、上の前歯が大きく前のほうに

反ってしまっているタイプです。

これは典型的な出っ歯と言えるでしょう。

 

二つ目は、下の顎の骨が小さくて

下の前歯が後ろに下がってしまい、

上の前歯が目立つようになってしまうことで

出っ歯になっているタイプです。

 

下の歯が後ろに下がっている為

出っ歯になっているとしても、上の前歯を

内側に入れることで、出っ歯が目立たなくなります。

 

場合によっては、下の歯を抜歯して

本数を調整する場合があります。

 

歯の矯正で出っ歯を治療する場合、

前歯を後ろに下げるために、歯の表面に

「ブラケット」と呼ばれる小さな装置を取り付け、

ワイヤーを通してゴムで固定し、

ゴムの引っ張る力を利用して歯並びを整えます。

 

歯にとりつけるブラケットの位置はとても微妙な

判断によって決められ、歯の動きを調整して行くのです。

 

 

出っ歯によって唇が閉じることができないという場合もあります。

 

この場合、口の中が非常に渇きやすくなってしまいます。

乾いている口腔内は、口臭の原因になったり、

虫歯になりやすくなったりしてしまいます。

 

見た目の観点だけでなく、こういった弊害も出てきてしまうのです。

 

出っ歯にお悩みの方、歯の矯正で出っ歯を治してみませんか?

 

当院では無料で矯正相談も行っています。

是非一度、歯の矯正と出っ歯についてごご相談くださいね。

 



こんな質問が一緒にチェックされています。