受け口は矯正で治せる?

da-320038.jpg

 

受け口の矯正についてお話します。

  

受け口というのは、噛み合わせた時に

下の顎が上の顎より前側にある状態のことです。

 

受け口を専門用語で言うと、下顎前突、反対咬合と言います。

  

受け口は、遺伝的なものや、下の顎の異常な成長や

下の歯が前方に角度を付けて

生えてくることが原因で起こります。

  

 

受け口にはいくつかのデメリットがあります。

  

・口腔内の清潔を保つことが

 難しくなって虫歯になりやすくなってしまう。

  

・本来の噛みあわせのバランスが

 取れていないため、よく噛めなくなってしまう。

  

・サ行やタ行の発音がうまく出来なくなってしまう。

  

・見た目に自信がなくなり、心理面に

 悪影響を及ぼす可能性がある。

  

・大人になると前歯が歯周病になり

 若くして抜けてしまう方が多い。

  (これは私の経験則ですが、上の前歯が

若くして抜けている方に受け口の方が多いです)

 

 

このように様々なデメリットが生じてしまう

受け口ですが、受け口は矯正で治すことが出来ます。

 

 

顎の骨が成長途中の幼少期に受け口が

判明した場合には、「チンキャップ」

という装置で下顎の成長を抑制したり、

 

「上顎前方牽引装置」という装置で

上顎の成長を促したりして、骨の成長を矯正します。

 

ただし、これらの治療法は

受け口の矯正として有名な方法ですが、

顎関節にも負担がかかる方法ですので東京世田谷

矯正歯科センターではあまり使用していません。

 

 

永久歯が生え揃って顎の成長が止まっている場合には、

ブラケットを歯に付けてワイヤーで歯を動かす

「マルチブラケット法」で歯そのものを動かします。

 

 

顎のずれが非常に大きい受け口の場合には、

抜歯や大掛かりな外科手術が必要になる場合もあります。

 

 

当院では、受け口の矯正の症例も経験が豊富です。

 一度、相談にいらしてみてください。



こんな質問が一緒にチェックされています。