八重歯を矯正で治す方法

da-320030.jpg

 

八重歯とは、一般的に犬歯が唇側に

飛び出て生えている状態のことを言います。

  

八重歯はチャーミングで可愛らしいという

印象をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

実は、八重歯は口腔内に色々な

トラブルをもたらす原因になってしまうのです。

  

 

八重歯は隅々まで歯ブラシの毛先を

当てることが難しいため、虫歯や

歯周病になりやすくなってしまうことや、

 唇が引っかかりやすくなって傷ついたり

炎症になったりしやすくなってしまうことがあげられます。

 

 

               

八重歯になってしまう原因は、

歯の生え変わる順番にあります。

 

 

6歳ごろに第一大臼歯、その後、

中切歯、側切歯・・という順番で次第に

大人の歯に生え変わっていくのですが、

犬歯は比較的遅い順番で生えてきます。

 

 

年齢にすると12歳頃です。

 

これまでに生えてきた大人の歯と

顎のサイズが合っていれば大人の犬歯が

その隙間にぴったりと生えるのですが、

 

顎の成長が遅かったり歯の成長だけが

早かったりしてサイズが合わなくなってしまうと、

隙間にぴったり入れなかった犬歯が

唇側に飛び出るような形で生えてきてしまうのです。

 

 

八重歯は矯正で治すことができます。

  

八重歯の矯正の場合、八重歯が正しい歯列に並ぶ

スペースを作るために、八重歯の隣に生えている

「第一小臼歯」を抜歯することがあります。

 

 

「八重歯を抜けば簡単に治療できるのでは?」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

八重歯は他の歯に比べて歯の幅が大きいので、

抜くと口元が貧相に見えてしまうため、

八重歯の抜歯は行いません。

 

その代わりに、抜いても目立ちにくい

第一小臼歯を抜歯するのです。

 

 

勿論、抜かずに八重歯を矯正で治すことも出来ます。

 

 

八重歯の矯正は「マルチブラケット装置」という、

歯に付けたワイヤーの力で歯列を治す方法で行います。

   

矯正の期間には個人差もありますので、

八重歯の矯正に関して詳しく話しを聞きたいと言う方は、

是非一度当医院の無料相談にいらしてくださいね。



こんな質問が一緒にチェックされています。