子ども矯正歯科での治療

AN149_L.jpg

「最近の子どもは噛む力が弱くなっている」

 

「噛めない子どもが増えている」

 

という話を聞いたことはありませんか?

 

その原因は、食生活の変化です。

かたいものを避け、やわらかいもの中心の食生活に

変化したことによって、噛む回数が少なくなり、

次第にアゴが小さくなり、そして噛む力も

どんどん弱くなってしまいました。

 

この「アゴが小さくなった」という事態によって、

子どもの歯並びにも影響がでています。

 

それは、乳歯から永久歯への歯の生え変わりの

際に生じるある問題が原因です。

 

永久歯は、乳歯よりもひとまわり大きくできています。

 

乳歯が抜けて永久歯が生えてくる際、

アゴの成長によって生じたスペースに合わせて

永久歯が生えてくるのですが、

先述の通り、アゴが小さくなってしまったことによって

そのスペースが狭くなってしまっています。

 

そのため、狭いスペースに永久歯が

無理に生えてくることによって、歯並びが悪くなってしまうのです。

 

このような問題もあり、子どもの矯正歯科への需要は

高まってきています。

 

子どもの矯正歯科治療は、アゴの骨が成長する

4歳から14歳までに行うのが良いと言われています。

 

「ウチの子どもの歯並びはこれで大丈夫かしら?」と、

子どもの矯正歯科でお悩みのお父さんやお母さんは

多いのではないでしょうか。

 

大切な子どもの矯正歯科、やっぱり気になりますよね。

 

歯並びとは一生の付き合いになります。

 

お父さんお母さんが子どもの歯並びに

気づいてあげることも大切です。

 

当院では、子どもの年齢やアゴの成長に合わせた

子どもの矯正歯科を行っています。

 

無料相談も行っていますので、

一度、相談にいらしてみてはいかがでしょうか?



こんな質問が一緒にチェックされています。