子供の歯並びについて

AP083_L.jpg

 

多くの親御さん達は、大人になった時のことも考えて、

子供の歯並びを気になさっているかと思います。

 

通常、乳歯が生えそろった場合は、

多くの子供の歯並びがすきっ歯になってしまいます。

 

子供の歯並びがすきっ歯で心配される親御さんも多いと思います。

 

しかし、この隙間は何の心配もいらないのです。

 

この隙間は、乳歯よりも大きい永久歯が

スムーズに生えてくるためのものなので、

逆に、全く隙間がなく、きれいに乳歯が生えている方が

問題ありの可能性が高いです。

 

後々、永久歯が生えてきた時に、

ガタガタな歯並びになって生えてしまう可能性があります。

 

このような子供の歯並びの場合、乳歯から

永久歯へ生えかわる5,6歳頃に矯正歯科専門医に

一度見てもらった方がいいかもしれません。

 

 

また、子供の歯並びやあごの発達に、

指しゃぶりや頬杖などのお口の周りの癖が

悪影響を及ぼす場合もあります。

 

そのような場合は、子供の歯並びのうちから環境の改善や

癖を取り除く治療が行われることもあります。

 

子供の歯並びの影響で、永久歯に生えかわった頃の

歯並びが治療の必要な場合、実際に歯の矯正が

行なわれるのは小中学生の成長期であることが多いです。

 

この頃に行なうと、歯の動きもスムーズで矯正治療期間が短く、

矯正治療費も抑えられるというメリットがあります。

 

乳歯の場合の子供の歯並びは、

過度に気になさる必要はないと思います。

 

 

永久歯が生えてきて、歯並びが心配、

うちの子は大丈夫だろうかという方は

一度矯正歯科医院で矯正相談されてみてはいかがですか?

 


 



こんな質問が一緒にチェックされています。