小児矯正歯科のメリット

 da-318010.jpg

 

「小児のうちに矯正治療は行うと良い」と言われていますが

、何故そう言われているのかをご存知ですか?

 

大人になってからも治療を行うことは可能ですが、

小児矯正には大人にはないいくつかのメリットがあります。

 

まず、一番のメリットはアゴの成長をコントロールしながら

治療を行うことができるということです。

 

小児矯正歯科では、アゴの骨が成長する6歳から14歳までの

小児の間に治療を行うことをおすすめしています。

 

それは、この小児の時期に治療を行うことによって、

上下のアゴのバランス、アゴと歯の大きさのバランスが

コントロールしやすくなるからです。

 

そのため、大人になってからよりも、

小児のうちに行う治療の方がよい結果を

得られやすいのです。歯を抜く確率が低いのも、

小児矯正歯科の特徴です。

 

また、治療の期間中は、装置の調整や

経過観察のために定期的に小児歯科医院に

通わなければいけません。

 

定期的に来院することで、虫歯の早期発見や

虫歯の予防も頻繁に行うことができるのです。

 

アゴがずれている、出っ歯、受け口、

開咬(奥歯で噛んだときに前歯が開いてしまう状態)

の場合は、特に小児のうちに治療を行うことによって

大きな治療効果を期待することができます。

 

東京世田谷矯正歯科センターでも、小児矯正歯科を

行っている患者様がいらっしゃいます。

 

アゴの成長や年齢に合わせた

治療をすすめています。

 

小児歯科に関して気になっている、悩んでいる

ことなどありましたら、お気軽にご相談くださいね。



こんな質問が一緒にチェックされています。