矯正器具の種類について

da-318001.jpg

 

歯の矯正器具と言ったら、ワイヤーを使った

装置を思い浮かべる方が多いかと思います。

 

それは、マルチブラケット装置と呼ばれているのですが、

一番一般的な歯の器具になります。

 

歯の表側に小さなボタンのようなものをつけ、

ワイヤーで固定する、というような歯の器具になります。

 

みなさんもよくご覧になると思います。

 

最近では種類も増えてきて、金属製の装置だけでなく、

透明なプラスチックや白いセラミックで出来た

目立ちにくい歯の器具もあります。

 

さらには見えない歯の器具として、

歯の裏側(舌側)に取り付けるものも

多くの歯科医院で取り入れられてきています。

 

しかし、あまり知られていませんが、

歯の矯正器具はこれだけではないのです。

 

それは、マウスピースという歯の矯正器具です。

 

この器具は、ワイヤーなどの直接歯に

装着する器具は使わず、マウスピースという

透明で薄い歯形のトレーを使用します。

 

目立ちにくく、自分で取り外し可能という特徴があります。

 

しかし、すべての悪い噛み合わせを

マウスピースのみで改善することはできません。

 

その噛み合わせの状態や歯並びを見た上で

どの歯の矯正器具が使用できるのか判断するのです。

 

 

現在はたくさんの歯の矯正器具があるので、

自分に合った器具を見つけてみてください。

 

ぜひ、専門医に相談されてみてください。

 


 



こんな質問が一緒にチェックされています。