矯正治療の選択肢

2011年10月28日

dai-0308.jpg

 

東京世田谷区矯正歯科センターの平澤です。

 

今回の矯正相談は、噛み合わせが気になる女性です。

 

以前他の歯科医院に、犬歯の噛み合わせが悪いことで、
食いしばりやかみ合わせの違和感、
さらには歯並びがずれてきているので、

 

① 矯正治療でキレイに噛み合わせを整える。

② 犬歯にセラミックなどの被せ物をして噛み合わせを整える。

2択しかないと言われたそうなのです。

 

治療方法が複数あるので、他のドクターの意見も
聞いて見たいとの事でいらっしゃいました。

 


お口の中を拝見させていただきましたら、
やはり、かみ合わせのずれによって食いしばりを
しているような、歯の磨り減りが見られました。

 

ご本人もその食いしばりのせいで、肩こりや
さらに歯グキにも負荷がかかり、後退してきている様な
気がして、進行を止めたいとのことでした。


ですが、食いしばりはマウスピースなどで
歯の磨り減りをケアする必要がありますが、
歯並び的に矯正治療をする程深刻な歯並びでは
無い状態でした。

 

もちろん、矯正治療や被せ物を作ることが出来ますが、
しないという選択肢もあるのですよ、とお話しました。

 

 歯の治療方法は年々増えています。
ですが、削った歯を元に戻すことはできません。

 

歯の治療を考える時、もちろん歯をキレイにしたり
悪い所をしっかりと治すことも大切なのですが、
それには、時間やお金、労力が必要となります。

 

なので、歯の治療を行う上で本当治療が必要か
しっかりと検討し、選択していくことが大切ですね。


すきっ歯の利点!?

2011年10月18日

self-check06.png

東京世田谷区矯正歯科センターの平澤です。

 

今回の矯正相談は、すきっ歯の女性の方です。


昔から、永久歯の数も少なかったこともあり、
全体的にすきっ歯気味でとても気になるとのことで、
今回いらっしゃいました。

 

今も、下の歯に乳歯が残っている状態で、
その歯も色がくすみ、他の歯に比べて
小さいので、矯正を行なう上で、その歯も
キレイにしたいとのご要望をお伺いしました。


実際にお口の中を拝見させていただくと、
確かに、永久歯の数が少ないことによって
歯と歯の間にすき間が出来てしまっていました。

 

さらに、下の歯に乳歯が残っていることで、
虫歯のリスクが高まっている状態で、
早急に治療計画を立てる必要がありました。

 

 

ご要望としては、特に装置にこだわりは無く、
出来るならば、期間を短くすることがご希望との事でした。

 

まずは、歯並びもそうですが、乳歯をどうしていくのか
治療計画を立て、その上で、抜歯するならば
そのすき間を埋める矯正治療を考えていくのはいかがですか?と
ご提案し、レントゲンと歯の検査を行ないました。


今回は乳歯がある為、その歯を抜歯する可能性がありますが、
基本的にすきっ歯の矯正治療の場合、
抜歯をせずにすむ症例が多くあります。

 

さらに、他の症例でも抜歯をせずに、もっと気軽に
矯正治療を始められるように、環境を整えてまいります!!

 


マウスピース矯正が出来るかどうか

2011年10月15日


Invisalign_Trio3.jpg

東京世田谷区矯正歯科センターの平澤です。

 

今回の矯正相談は、出っ歯の気になる女性です。

 

現在、他の歯科医院に通われているのですが、
マウスピース矯正をその歯科医院では行っていないということで、
今回いらっしゃいました。

  

実は、その女性の方は、ラミーネートベニアを行なっており、
前から装着する矯正装置をつける場合は、
仮歯にしなくてはいけないと言われたとのことで、


なんとか、今の歯の状態のまま、矯正治療がでないかと、
色々と調べていたそうです。

  

歯の色がとてもきれいで美意識の高い方で、
せっかく行なったラミネートベニアを最大限生かし、
ご自身のお口を気にすることなく、笑顔で過ごして頂きたい!
歯をキレイに整えて差し上げたい!

 と、強く思いながら、お話をお伺いしました。

  

拝見させていただくと、やはりラミネートベニアでは
表・裏から装着するタイプの矯正器具は難しいようで、
マウスピースを使用した物がお口にあうのでは?と感じたのですが、


治療期間を短くしたいとの事と、
抜歯を控えたいというご要望でした。

 

少し複雑な症例で、ご要望に沿ったものをお作りできるかどうか、
精密検査を行い、しっかりとした治療計画を立て、
患者様の満足のいく治療を行なえるよう治療を行って行きたいです。


チャームポイントの八重歯を矯正

2011年10月14日

9081120_9ea6f804e5.jpg

 

東京世田谷区矯正歯科センターへの 

今回の矯正相談は八重歯の気になる女の子です。

 

前は気にならなかった八重歯が、最近気になるようになり

歯をキレイに揃えたいということで来院されました。

 

一番の希望は、やはり抜歯しないで歯並びを整えたいのと、

そして出来れば、期間を短く学生の間に矯正治療を終えたいとの事です。

 

 

お口の中を拝見させていただきましたら、

全体的に出っ歯傾向にあったので、やはりどうしても

出ているところを元の位置に戻す上での、

親知らずなどの抜歯が必要になりそうでした。

 

ですが、ずれも比較的小さいので期間は少し短く出来そうです。

 

 

お話を進めているうちに、その方から

「抜歯するのであれば、もっと早くに始めればよかったー。。。」と

少し悔やまれた様子で、ため息をつかれていました。

 

矯正治療とは早く始めればそれだけ、歯の成長を

無理なくコントロールすることのできる治療法です。

 

小さいうちであれば、歯も動き易く

痛みや抜歯も避けられる確立が高いです。

 

ですが、だからと言って諦める必要もありません。

いくつになってもキレイな歯並びは手に入れることが出来るのです!