インプラントと矯正の両立

2012年01月24日

shutterstock_80354107.jpg

 

 

東京世田谷区の矯正歯科センター平澤です。 

 

今回の矯正相談は、歯が抜けた箇所が気になるという女性です。

 

半年ほど前に虫歯で、歯を失ってしまい歯抜けの状態で過ごしていたのですが、

やっぱり気になるという事で来院されました。

 

お話を詳しくお伺いすると、他の歯科医院で話を聞いた所、

その抜けたところにインプラントを入れる治療もあるが、

将来的に歯グキが下がった時に、インプラントの軸が

見えてきてしまうので、あまりお勧めはできないと言われたとの事。

 

さらに、前歯のがたつきも気になるとのことで、

矯正治療も考えているのであれば、インプラントを入れてからだと

矯正治療は難しいと言われた、とのことでした。

 

なかなか複雑なお話ですが、ひとまずお口の中を拝見させていただくと、

確かに歯が抜けてそのままの状態になっており、

また、歯にがたつきがあるため、すき間に歯石が溜まりやすく

虫歯になりやすい環境です。

 

治療の流れとしてご提案したのが、まず矯正治療をして

歯並びを整え、インプラントを入れる場所をしっかりと確保します。

 

そして、歯並び整ってからインプラントをいれて

バランスを見ていくのがよいのでは?とご説明しました。

 

ご本人も今のお口の状態がとてもコンプレックスだとのことなので、

出来るだけ早く行えるように、詳しい治療計画を立て、

勧めていきたいと思います。

 

 

最近では、今回の症例とは多少異なりますが、

インプラント矯正といって、インプラントを軸に矯正を行なうことで

治療期間を短縮することが出来る治療方法です。

 

まだ当院では行っておりませんが、これから新しい

矯正治療方法としてさらに研究し、少しでも良い治療を

提供していけたらと思います。


気になる後戻りの対処法とは?

2012年01月24日

34yrs.jpg

 

 

東京世田谷区矯正歯科センターへの

今回の矯正相談は、後戻りの気になる男性です。
 
数年前まで矯正治療を行っていて、無事終了して
経過観察で、リテーナーを使っていたとの事なのですが、
仕事が忙しくなかなか使う事が出来なくなってしまったとのことです。
 
そのせいで、前歯がすきっ歯になってきているかも。。。と
きになるとのことで今回いらっしゃいました。
 
希望としては部分矯正で、短期間で終えられたらとこ事で、
お口の中を拝見させていただきました。
 
 
うーん、状況としては矯正治療も終わっているので、
キレイに歯並びは整っていました。
 
そして、気になる前歯部分なのですが、
もちろん、歯科医師として精密にみては0,3ミリ程度


すき間はあいてきている様にみえましたが、
歯石が溜まっていることによって、色が違って見え
すき間が誇張されているようにもうかがえました。
 
もちろん、矯正をご希望であれば部分矯正も可能ですが、
せっかくまた装置をつけたとしても、
あまり動きが感じられずに終了してしまうかもしれない状況でした。
 
それであれば、今使用しているリテーナーの使用を再開して
様子を見るのはどうでしょうか、とご提案しました。
 
そうすると、せっかく矯正治療をしたから完璧な状態にしたかったけれど。。。
様子を見て、もしどうしても気なってしょうがなくなったら、また来ます。
というお返事をいただきました。
 
なので、部分矯正の装着期間やご料金などを
ご説明した上で、3ヶ月に1回の定期検診で
様子を見ていくことになりました。
 
 
患者様の希望の度合いは、その方それぞれです。
もちろん、一番に考えることがご希望に沿った治療を行うことです。
 
ですが、治療をしてもあまり効果や変化が見込めないものに関しては、
歯科医師として、しっかりと提示してその上で選んでいただく、
 
患者様と寄り添いながら、治療を進めていけたらと思う症例でした。
 


矯正歯科治療終了

2012年01月21日

R0011202.JPG

 

東京世田谷区の矯正歯科センター平澤です。

 

今日も矯正治療が終わった患者様がいらっしゃいました。

昨年から矯正終了患者様が多い感じです。

 

治療開始から1年と3ヶ月。

抜歯して矯正しているのでかなり早いのではないかと思います。

 

もちろん当院はスピードだけを重視しているわけではありません。

歯がキレイになったのが、結果として早かった。

というわけです。

 

矯正後は定期的なメンテナンスで良い状態を

キープしていく予定です。

 


矯正歯科の治療費の違い

2012年01月21日

東京世田谷区矯正歯科センターの平澤です。

 

矯正歯科の治療費の違いについてお話します。

矯正歯科でも治療費がかなり違うところがあります。

 

この違いはどこから来るのでしょうか?

一番の違いは、誰が治療しているかです。

 

矯正歯科治療は自費ということで、

歯科医師が治療しなくても良いそうです(未確認)。

 

そのため、スタッフに治療させて歯科医師は

たまに確認だけという流れ作業的に治療させている

ところは人件費がかかりませんので安く出来るのです。

 

酷いところはほとんどの治療をスタッフにやらせて

歯科医師はスタート時の説明だけというところも多いです。

 

東京世田谷矯正歯科センターでは

矯正治療を歯科医師だけが行っています。


日本の歯科100選

2012年01月11日

ortho251.jpg

東京世田谷区の矯正歯科センター の平澤です。

 

先日発売された、日本の歯科100選に選ばれました。

アマゾンなど全国の本屋さんでも発売されている本だそうです。

 

当院の地道な取り組みが評価されたものと思います。

 

他の歯科医院を見てみると、 地味ですが良い診療している

知り合いや友人の先生が 掲載されてました。

 

待合室の本棚に日本の歯科100選の本を置いておきますので

ご覧になってください。