矯正治療を始める時期とは

2012年09月29日

 

今回の矯正相談は、受け口が気になる男の子とです。

 

他の歯科医院で虫歯治療を行ったときに歯列矯正が必要だといわれ、

また、他の歯科医院ではまだ必要が無いので様子を見ましょうといわれてしまい

どの話を信じればいいのか困ってしまったということで、

今回、世田谷区の当院へいらっしゃいました。

 

お口の中を拝見すると、確かに受け口になりつつある状態でした。

 

確かに今すぐに矯正歯科治療を絶対にしなくてはと言う状況ではないのですが、

このままの状態でいくと、今後受け口が悪化する可能性もあります。

 

小児矯正は、治療を進めていくときに抜歯の必要が無いことが利点になります。

 

今始めることでのメリット、将来的なデメリットをお話し、その上でご検討いただくことが

重要なのではないでしょうかとご説明しました。

 

矯正治療もタダではありませんし、時間も掛かります。

 

納得の行く形で治療が行えるよう、ご説明にも熱が入る症例でした。


矯正歯科セミナー受講してきました。

2012年09月22日

R0011915.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京世田谷区の矯正歯科センターの平澤です。

秋分の日の今日は、祝日でしたのでセミナーを受講してきました。

 

講師は関西歯科界のドンK先生です。

 

専門的な技術的な内容はもちろんすばらしいかったのですが、

歯科医師としての精神的な向上の内容もあり

開業としてとても参考になりました。

 

思いっきりまとめると前半は

「歯科医師が自らが受ける治療内容を説明する」

ということでした。

 

午後は

「諦めない」

根性論? だけではない経験則にもとずいたセミナー内容です。

 

熱いドンK先生でした。


大島優子 歯並びは矯正すべき

2012年09月14日

img_399654_2107627_0.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東京世田谷区の矯正歯科センターの平澤です。

今日はAKB48 大島優子さんの歯並びを見たいと思います。

 

前田敦子さんの後、センターをつとめる彼女ですが

歯並びは残念ながら出っ歯+ガタガタですね。

 

上顎前突と叢生を同時になっていますね。

日本人に比較的多いパターンです。

 

なるべく歯を抜きたくないのですが、

歯を抜いたほうがよりキレイになりそうな感じです。

 

まだまだ忙しい状態でしょうが、一息つけたら

一番いいのはマウスピース型の矯正ですね。

 

芸能人の方にはセラミック矯正も人気があるのですが

若い大島優子さんには本当の矯正歯科治療で治してもらいたいものです。


緊張しない方法

2012年09月11日

東京世田谷区の矯正歯科センターの平澤です。

 

たまに歯医者に行くととても緊張するという方にお会いします。

 

いろいろ理由はあるのでしょうが

、緊張しない方法について考えます。

 

私の趣味はトライアスロンなのですが、

最初の種目スイムは一斉スタートでバトルになります。

 

殴られてゴーグルが外れたり、引っ張られたり

酷いときになると上から乗っかられたりします。

その上、海なので足もつかないのですから、

ちょっと休憩っていうことも簡単には出来ません。

 

そういうことをレース前に考えるととても緊張して

スイムでスタート直後にリタイヤしたことも3回もあります。

 

しかし、最近あることから随分と緊張しなくなりました。

その方法とは「ライバルを友達と考えること」です。

 

確かに殴られたりすることもあるかもしれませんが、

相手はあなたをいじめるために殴りかかったのではありません。

 

一緒にゴールを目指す仲間なんだって考えてから

緊張しなくなりました。

 

この話続く。

 

 


近藤真彦 佐渡トライアスロン2012 芸能人

2012年09月04日

 東京世田谷区の矯正歯科センターの平澤です。

 

私事ですがお休みを頂いて参加した2012年9月2日の

佐渡トライアスロン Aタイプで完走しましたが一緒に参加していた

近藤真彦 マッチもゴールしていたようです。

 

近藤真彦.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネット中継をそのまま家族が写真撮ってましたので見にくくてすいません。

歯並びは悪くないようです。

同伴ゴールした人がすごく多かったようですが、同じユニフォーム

だったことからおそらくアスロニアのチームに入っているようです。

 

近藤真彦は3年前ぐらいの2009年佐渡Bタイプに

別人でエントリーして完走しています。

 

通常別人でエントリーが発覚すれば失格になりますが、

その辺りは芸能人としてクリアした??そうです。

 

その際にバイクの住吉ASで落ちていたボトルを踏んで?落車して

骨折したそうですが最後まで完走したそうです。

 

 

今大会はどうだったのでしょうか?

 

バイク20から30キロ地点で地元ファンと思われる応援の垂れ幕ありました。

 

速報値ですが

スタート 部門 区分 スイムLAP1 スイムF 住吉AS ランスタート 畑野AS 金井AS 潟上AS ランフィニッシュ
6:00:00 国際A 45-49男子 6:46:19 7:37:15 11:34:31 14:56:20 16:01:56 16:56:25 17:50:00 19:43:01

 

802人エントリーで511人ゴール中の 253位ぐらいです。

芸能人だからといって特別なアシストがあるわけではありませんから、

悪くはないタイムです。

 

かなり練習していないとこのタイムでは絶対ゴールできません。

私と比較するとバイクで15分ほど遅れをとりそのままの差でゴールしてました。

 

タイム的に検討するとバイク前半で私が右脚を傷めている間に

10分以上差をつけられそのまま詰められなかったようです。

http://www.first-dc.com/blog/2012/09/post_550.html

 

結果的にですがランのどこかですれ違っていますが、まったく分かりませんでした。

タイム的にはランでは結構走れているはずです。

バイクはレーサーとして感覚を生かして走っていたのかも。

 

他にも行列の菊地弁護士が昨年から連続出場ですが、ランでリタイヤです。

 私としては負けたことは残念ですが、次はリベンジしたいと思います。