自分の魅力には気付きにくいもの

2012年04月19日

東京世田谷区の矯正歯科センターの平澤です。

先日矯正相談に来て下さった30代男性のお話です。

 

主訴は前歯の隙間でした。

目立つ中央の前歯にかなり大きな隙間があります。

隙間を閉じるようにしたいとのことでした。

 

隙間を閉じるだけであればセラミック矯正が一番簡単で早いです。

歯を削ってセラミックにすることで改善します。

 

 しかし本人は気付かれていないようでしたが、

問題は隙間だけでなく出っ歯なのです。

 

しかもこの方、かなり整った顔をしている。ただし、出っ歯以外。

 

出っ歯が改善されれば、ご自身の魅力を最大限出せるのではと

思いました。

 

 そんな魅力のプロデュースも当院がしていきたいことの

ひとつです。

 


1人暮らしをきっかけに矯正治療

2012年04月09日

東京世田谷区の矯正歯科センターへの

今回の矯正相談は、昔から気になる歯並びを

1人暮らしを期に始めるとのことでいらっしゃった

男性の方です。

 

前歯、特に下側のがたつきが気になる患者様は、

以前から矯正治療をしたいと考えていたそうです。

 

今回は、1人暮らしを始めて時間も比較的

自由になったので、矯正治療を始めたいとのことでした。

 

表からの装置を使い、就職活動などが始まる前までに、

整えていけるよう、時間が短いものを使用しました。

 

さっそく次回から矯正治療を始めていきます。

 

ご本人も、次回始めるとのことで緊張されていましたが、

次回から治療を始めてきます。

 

理想の歯並び目指して頑張りましょう。

 

 


矯正が遅れた理由

2012年04月09日

東京世田谷区の矯正歯科センターの平澤です。

 

先日まじめに来て頂いているにも、

関わらず矯正治療が長引いている

患者さんがいました。

 

この患者さんとてもキレイな方でしかも性格はまじめ。

こちらとしてもどうにか早く終わらせて上げたいと

必死で治療していました。

 

ですがなぜか狙いとは逆の方向に歯が動くのです。

????

と思い患者さんに聞いてみたら

なんと患者さん自身でつけて頂く

ゴムを間違えて逆に使っていたのでした。

 

ちゃんと説明したつもりだったのですが、

思わぬ出来事に力が抜けました。

 

これからは間違っても使えないように、

工夫したいと思います。。。。