飛び出た一本の歯が気になる

2011年12月17日

imageCAVSWRL9.jpg

 

東京世田谷区矯正歯科センターへの

今回の矯正相談は、歯一本飛び出てしまった女性です。

 

以前から全体的な歯並びが気になっていたのですが、

一番気になる歯として、犬歯が一本だけ内側に生えてしまい

舌が当って気になるし、磨き辛くて出血もあるとの事です。

 

お口の中を拝見させていただくと、本来犬歯として機能する歯が

内側に入っている状態で、がたつきをつくり

歯石が溜まってしまっていました。

 

歯石が溜まると、その周辺が炎症を起こしてしまい

歯肉炎から始まり、最悪歯周病になってしまうことも。。。

 

その為、矯正治療は行ったほうが噛み合わせにも

歯肉の状態にもいいのでは?とお話しました。

 

近年日本人のあごのサイズは年々小さくなっています。

これは幼児期の食生活の変化による影響があるようです。

 

なので、歯のがたつきや飛び出し等の悩みをもたれている方が、

年々増えてきているように思われます。

 

そんな悩みをしっかりと聞き取り、最適な治療法を

ご提案していくのが、歯科医師としての使命なのです。

 


子供の出っ歯の治療開始時期とは

2011年12月17日

syou-kyousei_clip_image003.jpg

 

東京世田谷区矯正歯科センターへの

今回の矯正相談は、出っ歯の気になる女の子です。

 

小学生になり、ある程度永久歯が生えてきたのですが

前歯が徐々に出てきている様で

いつ始めたらいいのか変わらないので心配。。。

との事でいらっしゃいました。

 

お口の中を拝見させていただくと、

確かに横の歯に押されて、前歯が出てきてしまっている状態。

 

これからさらに永久歯が生え揃った時に

出っ歯が強調されてしまいます。

 

矯正の方法としては、リテーナーを使い

歯の動きを調節する物で、取り外しが出来るので

歯磨きなどしやすく、歯みがきが苦手なお子さんには

向いている方法なのです。

 

 

矯正治療の開始時期は、「思い立ったら吉日」ではないですが、

いつでも始めることが出来るのです。

 

どの時期でも、どんな症例でも

少しでも患者様の負担を減らす方法を目指し行きたいでね。

 


前歯だけの矯正はできるのか

2011年12月16日

20100524-00002369-r25-001-3-view.jpg

 

東京世田谷区矯正歯科センターへの

今回の矯正相談は、前歯のがたつきが気になる男性です。

 

前歯に重なりった部分があり、見た目が気になったり

物が詰まり易く不便で治したいとの事でいらっしゃいました。

 

この方のご希望をお伺いすると、

なるべく抜歯やワイヤー等使わず、

部分矯正で出来れば行いたいとの事でした。

 

お口の中を拝見すると、上前歯は多少の重なりのみでしたが

下はガタツキがつよく部分矯正は難しい症例でした。

 

ご希望に一番沿った方法として、セラミック矯正がありますが、

やはり、健康な歯を削って被せ物を入れるので、

ワイヤーを使った物のほうが、歯に負担を掛けることなく

行うことが出来るのです。

 

他にも、マウスピース矯正など方法もご説明し、

一度検討されるとの事でした。

 

出来る限り表の装置を付けたくないと言うのが、

患者様にみなさんのご希望でしょう。

 

そのご要望にお答え出来るように、治療の幅を広げて

快適な矯正ライフをおくっていただけるようにしていきたいですね。

 


小学生になって気になる歯並び

2011年12月15日

imageCAXCTERO.jpg

 

東京世田谷区矯正歯科センターへの

今回の矯正相談は、元気な男の子です。

 

小学生になり、永久歯も生えてきたのですが、

全体にがたつきが見られるようになってきてしまい、

ご両親としても、気になってきたことので来院されました。

 

お口の中を実際に拝見させていただくと、

確かに上下の前歯にがたつきが見られ、

歯みがきがしづらそうでした。

 

ご両親としては、開始時期がいつごろなのか

と言うことを特にきにされていました。

 

矯正を始める時期として、全体で見れば、

幼稚園から小学校低学年がベストです。

 

ほぼ永久歯の状態というのは、実は治療を始めることが

難しい時期なのです。

 

乳歯が残っている状態であれば、全体を見ながら

リテーナーで調整することが出来ます。

 

反対に永久歯が全て生えそろい、アゴもしっかりしてきた

時期になると、ワイヤーを使ってしっかりと矯正をすることが出来ます。

 

ですが、ほぼ永久歯の状態ですと、残っている乳歯が

抜ける時期も迫っているため、ワイヤーを装着することが出来ません。

 

反対に、リテーナーですと、永久歯に対しては動かす力が弱いため、

矯正としては物足りない物なのです。

 

なので、矯正治療を始める時期とは、

いつでも、もちろん始められるのですが、

この男の子の場合ですと、

乳歯がもう少し抜けてからのほうがよさそうですね。

 

お子さんですと、開始時期によって

使う器具の種類も変わってきますので、

気になる方は一度ご相談されると安心できると思います。

 

 

 


保険で出来る矯正治療はあるのか

2011年12月15日

 

ha1.jpg

東京世田谷区矯正歯科センターへの

今回の矯正相談は、下前歯のがたつきが気になる女性です。

 

下前歯の1本だけが内側に入ってしまっており、

磨き辛く困っているとのこと。

 

詳しくお話をお伺いしていくと、

歯並びをキレイに整える上で、出来るなら自費の

ワイヤーを使う物ではなく、短期間で出来る

矯正方法がないか知りたいということで

いらっしゃったとの事でした。

 

歯の矯正と聞くと、ワイヤーをつかった物を

皆さん想像されるかとは思いますが、

実は、ワイヤーを使わずに短期間できるものもあるのです。

 

がたつきの少ない方や、すきっ歯の方などに向いている

セラミック矯正といわれるものです。

 

方法としては、通常の治療で行うように

歯に被せ物を入れていくことなのですが、

被せ物を作る際に、歯のすき間やがたつきが

目立たなくなるように作成し、装着するのです。

なので、期間としては1ヶ月~2ヶ月程度で済みます。

 

この相談者様の場合では、一本出ている所を抜歯し、

少しすき間が広いため、ブリッチの形で装着方法が

良いのではとご提案しました。

 

そんなに期間が短くすむことに驚かれていました。

 

 

実際、矯正治療といえばワイヤを使った方法が主流ですが

他にも、このようなセラミック矯正や、マウスピースを使った

矯正方法など様々あるのです。

 

もっと患者様たちの症状にあわせて、最適な物を

提案できるようにアンテナを張って、情報収集に努めていきます。

 


成城学園前 歯科衛生士募集の求人

2011年12月10日

東京世田谷区矯正歯科センターの平澤です。

 

業務多忙につき、歯科衛生士の募集を行っています。

真面目な方であれば、正社員への登用もあります。

もちろんフルタイムやアルバイトご希望の方も応募可能です。

 

仕事内容としては、

患者様のお口のメンテナンスや治療のアシスト、

3DSやホワイトニングなども行っていただきます。

さらに、器具の片付けや、受付業務など幅広く行っていただきます。

※歯科衛生士には国家資格が必要です。

 

当院への応募・お問い合わせは03-5494-6480までお願いします。 

専用サイトもございますので、そちらもご覧ください。

歯科衛生士 求人サイト  

 

期間限定の募集になりますので、お早めにお問い合わせください。


成城学園前 歯科医師募集の求人

2011年12月10日

東京世田谷区矯正歯科センターの平澤です。

 

業務多忙の為、歯科医師の募集を行っています。

真面目な方であれば、正社員への登用もあります。

 

経験が浅く治療に自信が無いという方、

もっと、治療の技術を伸ばしたい方、

じっくり患者様と向き合った治療がしたい方、

インプラントや矯正など自費治療にも挑戦したい方、

 

やる気があれば、新卒・既卒は問いません。

 

治療に入っていただく流れとして、

始めはアシストに入り、治療内容を診ていただき、

その後、保険治療から行っていただきます。

 

完全予約制ですので、時間に追われることなく、

しっかりと患者様と向き合うことが出来ます。

 ※歯科医師には国家資格が必要です。

 

当院への応募・お問い合わせは03-5494-6480までお願いします。 

専用サイトもございますので、そちらもご覧ください。

歯科医師 求人サイト  

 

期間限定の募集になりますので、お早めにお問い合わせください。